お墓・霊園・墓地の相談窓口「お墓探しナビ」

霊園・墓地の掲載数:4857件/更新日:2020年04月03日

樹木葬って?


樹木葬ってどういうもの?

最近テレビや広告なんかで樹木葬という言葉を耳にした事が、皆さんもあるのではないでしょうか。
最近では都営の小平霊園に、都営霊園では初の樹木葬の専用区画が作られた事が少し話題になりましたね。
この樹木葬は、新しい供養の仕方として、最近名が知られてきた葬儀方法です。

どういうものかというと、
墓石の代わりに樹木を植え、その下に遺骨を埋葬します。
埋める場所は墓地や霊園のみと指定があり、
指定された場所以外で遺骨を埋めると遺骨遺棄罪に問われる事もあります。
木のある場所ならどこでも埋めていいという訳ではないんですね。

散骨とはどう違うの?

同じく墓石を使わずに遺骨を撒いて供養する散骨とは、
お墓を使わない供養の仕方として話題に挙げられますが、
1つだけ大きな違いがあります。

樹木葬は『墓地に遺骨を埋葬する事』ですが、散骨は『墓地以外の場所に遺骨を撒く』事です。
樹木葬は、墓地に遺骨を埋める事になるので、埋火葬許可証が必要になりますが、散骨では必要ありません。

樹木葬に関して窮屈に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、
その代わり霊園で管理してもらえるので、管理面では安心できます。
また、散骨の場合は、場所によって遺骨遺棄罪に問われる可能性がありますが。
決まった墓地に遺骨を埋葬する事になる樹木葬では、そういったトラブルに合うことがありません。

お墓を建てるよりも安価な区画が多い事や、
後継ぎのいない方などの、管理するお墓を必要としない方でもお申込みできる事から
年々需要が増えてきています。

皆さんも自分に合った供養の仕方、葬儀の仕方を見つけられるといいですね。

荒木 太輔

私たちは、「本当に建てて良かったな」と思っていただけるお墓づくりをお手伝いするため、お墓の情報を提供してまいります。